HOME > TRADのニュース

TRADのニュース(2020年)



●8/15(土) ミニのステアリングやパネルをウッドに替えました
●7/19(日) LiveRun(ライブラン)で久しぶりに走りました
●7/5(日) モンキーで北勢方面へツーリングに行きました
●6/20(土) 車検のミニをキングスロードへ取りに行きました
●6/7(日) 誕生日にオンラインミーティングを楽しみました
●5/24(日) 瀬古利彦がNHKサンスポにリモート出演しました
●5/15(金)〜 連日のオンラインミーティングを楽しみました
●5/5(祝) モンキーを連れ出して関宿を訪れました
●4/26(日) 久しぶりの外出ランでリフレッシュしました
●4/21(火) ストリートMINIに高知の仲間が載りました
●3/21(土) モンキーで岐阜へツーリングに行きました
●2/23(祝) ミニのオイル交換にKRへ行ってきました
●2/21(金) 中学の同級生仲間と名古屋で会食しました
●2/9(日) マラソンパラダイス2020に参加しました
●1/26(日) 第30回小牧シティマラソンに参加しました
●1/13(祝) モンキーで走り初めツーリングに行きました


トップへ


2020.09.07
更新
8/15(土) ミニのステアリングやパネルをウッドに替えました

 8月15日(土)は、予てよりミニ専門店キングスロード名古屋北店に相談していた、ステアリングやメーターパネルのウッド化ドレスアップを決行する日となりました。当初はセンターメーターでのウッドパネルも考えたのですが、色々と相談に乗ってもらった結果として3連メーターのウッドに落ち着きました。40thアニバーサリーのメタリックなパネルから一変し、モトリタのウッドと相俟って英国車らしい雰囲気になったとご満悦です。これを機にドアのインナーハンドルやレギュレターハンドルなども取り替えました。運転席周りの雰囲気はがらりと変わり、これでまたミニへの愛着がよりいっそう深まりました。

※画像をクリックすると拡大表示いたします
(1)取り替えを待つウッドパネル、そしてモトリタのウッド (2)モトリタのウッドは小径13インチのディッシュタイプを (3)雰囲気はガラリと、ウッドパネルとの調和もまずまず

トップへ

2020.09.07
更新
7/19(日) LiveRun(ライブラン)で久しぶりに走りました

 7月19日(日)は、LIVERUN(ライブラン)に参加して久しぶりにランニングを楽しみました。それは、同級生の瀬古利彦が「ネットで走る楽しいシステムに協力することになった」と連絡をくれたのが切っ掛けでした。新型コロナの影響でマラソン大会は中止となり、仕事帰りの日課だったジム通いも感染防止のため行かなくなり、走ることから遠ざかっていた矢先でしたから、渡りに船のような機会をもらうことになりました。初回のゲストは瀬古利彦でした。あとから知ったのですが、当日のシャツの色は偶然にも二人ともオレンジでした。以下は、ライブランのサイトからの引用です。

 "GOGO2021 w/瀬古利彦 & Friends"は、瀬古利彦さんとそのアスリート仲間たちによる、新型コロナウイルス禍の中、運動不足に陥り暗くなりがちな日本を明るく元気にしようという企画です。「ライブラン」が開発した専用アプリを使い、全国各地でウォーキングやランニングを楽しんでいる参加者達に生放送で応援又は指導メッセージを送ります。世界を舞台に活躍してきたアスリート達が、個々の参加者に直接「今、4KMを超えた名古屋の〇〇さん、前のランナーが50メートル先にいますよ!」とリアルタイムで励まします。日本中どこからでも参加可能で参加費は無料、スマホとアプリとイヤホンが必要です

※画像をクリックすると拡大表示いたします
(1)スタートまでもう少し、まもなく40分のライブランです (2)瀬古利彦はスタジオでトーク、私は母校中学までラン (3)スタジオの瀬古利彦と同色のウェアで汗をかきました

トップへ

2020.07.12
更新
7/5(日) モンキーで北勢方面へツーリングに行きました

 7月5日(日)は、束の間の梅雨の晴れ間を活かそうと、モンキーを物置きから引っ張り出しました。買ったばかりのモンキーヘルメットを被り、初めて着るVANのHP限定スイングトップを羽織り、好きなスタイルで自己満足こそが遊びの醍醐味です。ゴールデンウイーク以来二ヶ月ぶりにモンキーでツーリング、県外への移動規制も解除され特に目的地は定めず、空が明るく晴れている方向へと走り始めました。まずは北に向かって岐阜県境を越え養老方面へ、関ケ原方面は雨雲があるため365号線を南下して再び三重県へ、306号線を南下して菰野町から湯の山温泉を訪れました。信号ストップも少なく長閑な景色の所を巡る一日でした。この日の走行距離は145Km、燃費はリッター当たり60Kmでした。

※画像をクリックすると拡大表示いたします
(1)雨雲を避けるように空模様を窺いながら多度大社まで (2)例年初詣に訪れるも元旦に母が入院で今年は無し (3)県境を越え石津駅へ、謙介氏とは無縁でしょうけれど
(4)養老の滝で有名な養老公園、さらに北へ走りました (5)上石津トンネルを避け旧道で多良峡森林公園つり橋へ (6)男子バレー全日本の西田有志選手の横断幕を発見
(7)かもしかハーフマラソンの発着点、菰野町庁舎の前で (8)ここは湯の山温泉、長閑な景色で橋の上はとても涼しく (9)モンキーヘルメットとVANのスイングトップは初登板‥

トップへ

2020.07.04
更新
6/20(土) 車検のミニをキングスロードへ取りに行きました

 6月20日(土)は、車検のため一週間前に入庫させていたミニを、キングスロードまで引き取りに行きました。受付の際に気になる点をいくつか相談しましたが、そのすべてに丁寧に応えて説明してくれました。50歳になるのを機にミニに乗り始めましたから、当時すでにミニは生産終了から6年が経過していました。6年落ちを購入して14年が経ちましたから新車から20年、それなりにミニは快調さを保っているようです。車検の前月にバッテリーは新品に交換済みですし、予約から9ヶ月待ったマフラーも交換しました。車検の費用は前回より張りましたが、そのぶん快適さが戻り満足度も高いです。排気音は異音がなくなり心地好さを増し、ハンドリングやシフトのフィーリングも向上し帰りのドライブの楽しかったこと。14年前のミニ納車の日と同じく、この日も梅雨の晴れ間となりました。

※画像をクリックすると拡大表示いたします
(1)キングスロード名古屋、14年前と同じく梅雨の晴れ間 (2)一週間預かってもらったミニ、検査や整備を終えて‥ (3)店舗や作業場を望む、その向こう側にも駐車場が‥
(4)オーナーを待つ展示車、かつては私のミニもここに (5)マフラーはキングスロードオリジナル、9年ぶりに交換 (6)懐かしき14年前の納車の日も梅雨の晴れ間でした

トップへ

2020.07.04
更新
6/7(日) 誕生日にオンラインミーティングを楽しみました

 6月7日(日)の誕生日は、ライカさんのお声掛けでオンラインミーティングが催されました。参加メンバーは、山形、新潟、埼玉、三重、奈良、徳島、高知、鳥取、福岡の各地から、アイビーおやじ仲間の繋がりで集まってくださいました。特筆すべきは、きんちゃんが術後まもない体で病室から参加されたほか、サントラさんは庭先でバーベキューの真っ最中に加わりました。また、ライカさんからは事前にアメリカントラッドクラブ「トラッド6人衆」の掛け時計、塩けんぴのお菓子やバースデーカードをいただき、当日はそれらをディスプレイして参加しました。皆さん、どうも有り難うございました。

※画像をクリックすると拡大表示いたします
(1)ライカさんからトラッド6人衆の掛け時計ほか贈り物を (2)誕生日に開催のオンライン会のスクリーンショット‥ (3)こちらは後日ハラックさんから届いたユニークな扇子

トップへ

2020.06.04
更新
5/24(日) 瀬古利彦がNHKサンスポにリモート出演しました

 5月24日(日)は、モスクワ五輪ボイコット決定の日から40年、同郷の同級生である瀬古利彦が「幻」のモスクワ五輪日本代表の代表として、NHKのサンデースポーツ2020にリモート生出演しました。瀬古利彦の紹介で使われたVTRは、当然ながらモスクワ五輪開催の年の12月、福岡国際マラソンでのレースシーンでした。負けず嫌いの瀬古利彦ですからこの時は、モスクワ五輪・金メダルのチェルピンスキーさんに勝つことしか頭になく、しっかり前を見据えて精悍な顔つきで勝利しました。

 柔道の山下選手のように泣いてまで参加をアピールする男ではありませんが、40年前のこのレースでもチェルピンスキーさんに負けることはありませんでした。そして、翌年のボストンマラソンでも当時の大会記録で優勝しました。モスクワ五輪の1980年は24歳、その前後が瀬古利彦の絶好調期間だったと本人がしみじみと言いました。また、「幻」の五輪日本代表の経験から、今のアスリートには声を上げるようにとコメントしていたのが印象的でした。マラソン15戦10勝の男が語りました。

※画像をクリックすると拡大表示いたします
(1)瀬古利彦も五輪ボイコットで「幻」となった代表メンバー (2)契約しているPUMAのポロシャツを着てリモート出演‥ (3)1980年当時は24歳、絶好調で誰にも負けない頃‥
(4)モスクワ五輪・金のチェルピンスキーさんとの勝負‥ (5)チェルピンスキーさんに勝って、見事に無念を晴らす (6)幻の五輪代表の経験から、今のアスリートに語った

トップへ

2020.06.04
更新
5/15(金)〜 連日のオンラインミーティングを楽しみました

 新型コロナの影響でオフ会も催せない日々が続くなか、5月15日(金)から連日のオンラインミーティングを楽しみました。某SNSのグループビデオ通話を、まずは少人数から試してみました。旅費も要らなきゃホテル代も要らず、途中で出たり入ったりもありました。多い時は延べ10人は参加したでしょうか。オンラインミーティングも回を重ねるごとに少しずつ慣れて、文字どおり久しぶりに顔を揃えて楽しみました。好きな飲み物を手にみんなの顔を見ながら、オフ会とはまた違った雰囲気もいいものです。やってみると結構楽しめることがわかりました。

※画像をクリックすると拡大表示いたします
(1)好きな飲み物を手に乾杯、なかには愛犬の登場も‥ (2)この日は紺のプルオーバー多し、コロナを飲む人も (3)回を重ねるごとに少しずつ慣れて、久しぶりの顔と顔

トップへ

2020.05.09
更新
5/5(祝) モンキーを連れ出して関宿を訪れました

 5月5日(土)は、新型コロナ感染拡大を防ぐためステイホームが続くなか、モンキーを物置きから引っ張り出して気分転換を図りました。好天のなか赤いバックパックにおにぎりとお茶を詰めこんで、人と接することがない場所を選びながら、おおむね旧東海道を東に向けて走り始めました。県外への移動は自粛要請中ですから「関宿」まで、なるべく裏道を通るルートを選んで行くことにしました。この日はポカポカ陽気でしたので、チノパンにVANの赤いスイングトップも裏地無しです。本来は観光スポットの関宿も、休業要請のため閑散としていて貴重な体験でした。この日の走行距離は151Km、燃費はリッター当たり75Kmでした。好天にも恵まれてよい気分転換になりました。

※画像をクリックすると拡大表示いたします
(1)懐かしい母校の中学校を撮る、人っ子一人いません (2)旧東海道の町屋橋跡、ゆっくり訪れたのは初めて‥ (3)四日市宿「日永の追分」は東海道と伊勢街道の分岐
(4)道標には「左いせ参宮道」「右京大坂道」と標されて‥ (5)スイングトップにマスク姿、右手の東海道を進みました (6)国道沿いに現れた飛行機は鈴鹿市の横山商店の‥
(7)道に迷いながら亀山宿へ、亀山城跡と標された石碑 (8)この位置からは石垣がよく見えて城跡らしい雰囲気 (9)関宿に到着、駐車場は閉鎖中ながらトイレは解放中
10)関宿の街道から少し北へ奥まった所にあった関神社 11)東西追分の中程にある関郵便局、こちらが京方向‥ 12)こちらが江戸の方向、いずれもこの日は閑散として‥

トップへ

2020.04.27
更新
4/26(日) 久しぶりの外出ランでリフレッシュしました

 4月26日(日)は、新型コロナの感染防止で外出自粛が続くなか、運動不足解消のため久しぶりに外出ランニングでリフレッシュしました。マラソンにハマった50代半ばの頃とは違い、近年は仕事帰りにスポーツジムで走っていましたが、このところはそのジムへも行かれない状況です。この日は瀬古利彦の実家の辺りまで走りに行きました。長閑な所に住んでいますので、広めの田んぼ道は絶好の練習場です。瀬古利彦の実家のそばには、毎年墓参りに訪れる親友のお墓もあります。そのため自然に足が向いて行きました。瀬古利彦のご両親のお墓も同じ墓地にあります。1時間あまりの外出ランニングでしたが、人と接触する機会もなく心身ともにリフレッシュしました。

※画像をクリックすると拡大表示いたします
(1)前方に橋が見えてきました、遠くには鈴鹿の山脈も (2)橋を渡り終え上流に向かうと瀬古利彦の実家の辺り‥ (3)その途中には、毎年訪れる親友のお墓があります‥

トップへ

2020.04.27
更新
4/21(火) ストリートMINIに高知の仲間が載りました

 4月21日(火)は、クラシックミニ専門誌ストリートMINIの発売日でした。高知のIVYブラザーズ兄さんのミニ、ブルックランズグリーンのBSCCリミテッドが掲載されました。過去にMini Jackで二度ご一緒していますが、純正色でリペイントされた綺麗な車体です。「息子から引き継いだBSCCを駆るアイビー親父の心意気」と紹介されています。いつかお孫さんに譲り渡そうと考えているそうです。この取材にはライカさんと弟さんもご一緒で、3人ともこの日はスタジャン姿のアイビー仲間です。アメリカントラッドクラブのステッカーや、全国にクラブメンバーが居ることが掲載され、仲間としてはとても嬉しいニュースです。そして後日、IVYブラザーズ兄さんはこの日の3人を水彩画に描かれました。

※画像をクリックすると拡大表示いたします
(1)ブルックランズグリーンの綺麗なBSCCリミテッドです (2)息子から引き継いだBSCCを駆るアイビー親父の心意気 (3)足回りは10インチ化、そして各所にBSCCの純正品‥
(4)ライカさん作、アメリカントラッドクラブのステッカーも (5)この日はスタジャンでと申し合せたであろうIVY仲間‥ (6)後日、IVYブラザーズ兄さんが描いた3人の水彩画‥

トップへ

2020.03.30
更新
3/21(土) モンキーで岐阜へツーリングに行きました

 三連休中日の3月21日(土)は、モンキーでツーリングに出かけました。前日の春分の日は風の強い荒れた天気でしたが、この日は穏やかなツーリング日和となりました。4月に予定していた「ぎふ清流ハーフマラソン」も中止が決まったこともあり、愛知県の西部を北へ向かって走り出しました。途中で津島市の津島神社に立ち寄るも、母の忌明けからまだ日も浅いので参拝はしませんでした。さらに北上して岐阜メモリアルセンターに着きました。この日に岐阜では桜の開花が発表されましたが、ここセンター内の桜はすでに見ごろを迎えていました。岐阜メモリアルセンターのマラソンゲートに立ち、今年は出走が叶いませんでしたが例年を思い出し、コースの一部をモンキーで走ってみました。この日の走行距離は152Km、燃費はリッター当たり59Kmあまりでした。

※画像をクリックすると拡大表示いたします
(1)愛知県の西部を北へ向かい津島神社で休憩しました (2)ここ岐阜メモリアルセンターの桜は早くも見頃でした (3)岐阜メモリアルセンターのマラソンゲートと競技場
(4)マラソンゲートから屋根のあるメイン競技場を望む (5)ぎふ清流ハーフのマラソンコース終盤、左に長良川 (6)後方に金華山と山頂には岐阜城、下を流れる長良川
(7)地元へ戻り九華(きゅうか)公園へ、まだ桜の開花前‥ (8)九華は「くはな(くわな)」と読むこともでき桑名を表し (9)桑名城跡に整備された公園で市民の憩いの場です

トップへ

2020.03.30
更新
2/23(祝) ミニのオイル交換にKRへ行ってきました

 天皇誕生日の2月23日(祝)は、当初予定していた読売犬山ハーフマラソン大会が、新型コロナウィルス感染拡大の影響から中止になり、天気も良いのでミニのオイル交換に出掛けることにしました。キングスロード名古屋北店まで、空いている下道を選んでのんびりドライブを楽しみました。KR(キングスロード)には、オイル交換の際に使う添加剤がボトルキープしてあります。ボトルには名前のほか写真も添付されていて、キングスロードのスタッフの方々は決して間違いません。挨拶の際も「〇〇さん、こんにちは!」と必ず名前を呼んでくれて気持ちが良いものです。帰る際のオドメーターは12万4千Kmあまり、次回も3千Kmを目安にオイルを交換します。

※画像をクリックすると拡大表示いたします
(1)お店の敷地内には展示車両がたくさん並んでいます (2)ゼッケン32はキングスロードのレーシングカーです (3)かつては店に並んでいたノーマルエンジンのマイミニ
(4)オイル交換に使う添加剤のボトルが棚にぎっしりと‥ (5)私の添加剤ボトルもここに、名前と写真が添付されて (6)帰り際に見るとオドメーターは12万4千Kmあまり‥

トップへ

2020.03.04
更新
2/21(金) 中学の同級生仲間と名古屋で会食しました

 2月21日(金)は、中学の同級生男女6人が名古屋駅(銀の時計)で待ち合わせました。昨年秋に地元で瀬古利彦ら同級生20名で会食した際に、女子3人が「今度は名古屋で会食を」と目論んだようです。それがようやく実現したというわけです。そのため、お店の選択や予約は女子が段取りしてくれて、参加できる?と日時の連絡だけをいただきました。お店は名古屋駅新幹線口にある雑居ビルの個室居酒屋でした。乾杯のあとは飲んで食べて盛り上がり、話に夢中で記念の写真をすっかり忘れる始末、そのため店を出た所で慌ただしく集合写真です。新型コロナウィルスの感染予防で、揃いも揃って全員マスク姿で集まりました。この日は女子の一人が持参した、消毒スプレーが大活躍しました。

※画像をクリックすると拡大表示いたします
(1)名古屋駅新幹線口の雑居ビルで全員マスク姿の集合 (2)居酒屋を出て二次会はすぐ近くのカラオケBOXにて (3)クラスメートではないメンバーも同級生のつながりで
(4)女子が持参した消毒用スプレーが今夜は大活躍で (5)中1から親しい同級生も、中高年から親しい同級生も (6)同級生ならではの楽しさが満面の笑顔に表れています

トップへ

2020.03.04
更新
2/9(日) マラソンパラダイス2020に参加しました

 2月9日(日)は、愛知県のモリコロパーク(愛・地球博記念公園)で開催された、マラソンパラダイス2020に参加しました。前年と同じく高校の同級生と一緒に出掛け、彼はフルマラソンに私はハーフマラソンに出場しました。コースは丘陵地にある公園内のサイクリングロードで、アップダウンが連続するつづら折りなのでとても走り応えがあります。当日は厳しい寒さにくわえて強い北風が吹くコンディションでした。このところの暖冬に慣れた身体にはかなり寒さが堪えました。タイムは前年を20分以上オーバーする、2時間49分と厳しい結果でした。レース後は少し疲れましたが、何故か心身ともにすっきりです。

※画像をクリックすると拡大表示いたします
(1)スタート時刻の前に互いの健闘を誓って記念の撮影を (2)寒さにくわえて強い風、スタートエリアで号砲を待ち‥ (3)後方グリーンの先がゴール、同級生の到着を待ちます

トップへ

2020.01.28
更新
1/26(日) 第30回小牧シティマラソンに参加しました

 1月26(日)は、愛知県小牧市で開催された第30回小牧シティマラソンに参加しました。前日まで心配された雨もなく穏やかなマラソン日和のなか、久しぶりに気持ち良く汗をかくことができました。年明けから落ち着かない日が続き、準備不足のまま大会当日となりましたので、10Kmレースといえども完走だけを目標にスローペースで走りました。タイムはワースト記録の68分と振るいませんでしたが、帰りにはみんなで一緒にランチして楽しい一日を過ごしました。昨年の山中湖チャリティ駅伝にエントリーした顔ぶれが揃い、今年も10月には同じメンバーで参加する事も申し合せました。

※画像をクリックすると拡大表示いたします
(1)受付も済ませてメインアリーナで開会式を待ちました (2)健闘を誓って集合写真、その後スタートエリアに移動 (3)先にゴールした仲間がゴール前で撮ってくれました

トップへ

2020.01.28
更新
1/13(祝) モンキーで走り初めツーリングに行きました

 1月13日(祝)は、モンキーを久しぶりに物置きから引っ張り出して、本年では初めてのツーリングに出かけました。昨年の秋口からモンキーを動かしていませんので、エンジン始動の前に我が身が温まってしまいました。最高気温も一桁止まりの寒い日でしたが、トレーナーを重ね着した上にMA−1タイプのジャケットを羽織って丁度よい加減でした。特に当てもなく走り始めましたが、幼い頃に住んでいた家のすぐそばの、揖斐川河口近くにある住吉神社から訪れました。その後は関ケ原方面へツーリングに出かけました。孫娘のピアノ発表会の会場となった日本昭和音楽村、すぐ近くの水嶺湖などにも立寄りました。関ケ原では石田三成陣跡などを散策し帰路につきました。この日は息抜きの一日を近場で楽しく遊べました。この日の走行距離は135Km、燃費はリッター当たり59Kmでした。

※画像をクリックすると拡大表示いたします
(1)揖斐川河口近くにある住吉神社に初詣に訪れました (2)ここは幼い頃に住んでいた家から近くて懐かしい場所 (3)ここは日本昭和音楽村、後方に見える湖は水嶺湖‥
(4)後方に見える建物は孫のピアノ発表会の会場でした (5)関ケ原方面へのツーリング、石田三成陣跡を散策‥ (6)寒さ対策はトレーナーの重ね着とMA−1ジャケット

トップへ


HOME > TRADのニュース